<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジグゾーパズラーズ・ハイ | main | ユニークなユニクロ製 >>
インカ帝国と小学生
インカ帝国展に行きました。
とってもおもしろかったです。
この「おもしろい」は興味深いっていう意味じゃなくて、笑う「おもしろい」。
見ながらニヤニヤしてしまった。
時々声抑えた。
こういう、昔の発掘品の展示で笑ったの初めてです。

だって壺をいちいち動物の形にしてるんだもん。
すごい使いづらそうなんだもの。
現代の食器の方がよっぽど機能性重視。

1番ひどいやつは(褒めてる)、人間のオブジェを8人位くっつけた食器。
 オブジェと食器に分けたらいいのに・・
1番可愛かったのは、水を注ぐと鳥の鳴き声が鳴る壺です。
もちろん鳥の人形も付けてる。
こだわりを感じますね。

あんな山のてっぺんに暮らしてるのに、この余裕さはなんだろう。
壺を動物の形にしてる暇があったら、畑仕事をしたり、火を起こしたりする時間にあてろよ、って誰も言わなかったのかな。
インカ帝国の人に好意を持ってしまったけど、もちろんそんなノンキで可愛い人たちじゃないってことはわかってる。
可愛くしようとして、壺を動物にしてるわけでもないんだろうし。
でも夢はみたい。一緒に変な壺つくりたい。

生贄文化こわいけど。
生贄って響き、なんかすごくこわい。

帰りにグッズが売ってたので、ポストカードを買いました。
インカ帝国の人が描いた絵のカード。
いつも思うんだけど、ずーっと未来のしかも外国で、自分の描いた絵がグッズになってるなんて知ったらびっくりするだろうな。
まさかスマートフォンのケースになってるなんて知ったら、びっくりしすぎて死ぬんじゃないか。
死んでるけど。

ずっとずっと未来。現代の小学生の漢字書き取りノートが重要な資料になって、グッズにされたりするのかな。

「山山山山」とか書いたTシャツ作られるのかな。

「先生あのね。ぼくは今日おかあさんと歯いしゃにいた。いたかったです。」
って作文が展示されたりするのかな。

誤字脱字に気を付けないと未来人に笑われるぞ。
って先生は教えたらいいとおもうよ。

Trackback URL
http://blog.mkn.capoo.jp/trackback/278
TRACKBACK